それはないだろアライさん。

昨日の試合を評価したのは、腹括って振り切った野球をやったからであって、実際新井の試合後のコメントで「むちゃくちゃやった」との言葉もあったところである。そして、選手もそれによく呼応した。だから勝てたのである。連敗中の野球はよそ行きというか、なんか格好つけて負けましたという趣だったから、余計に心に響いたのである。

ならば、それをどうして継続しないのだろうか。村上頌樹相手にできた事がなぜ髙橋宏斗相手にできないのか。Z会ではないが、「継続は力なり」である。そりゃ相手あることだから毎回同じようにはいかないにせよ、手を変え品を変えやればいいではないか。今日の野球は、一転して最低、下の下の下である。大人しく淡々と負けましたという趣だ。

確かに、髙橋宏斗は良かったのかもしれない。でも、手も足も出ないほどだったのだろうか。現にヒットは出ている。それを死んでも生かすという気力がありやというところなのだが、全く見えなかった。チャンスがあったとすれば、1回表、無死1塁、バッター矢野。ここで簡単にセーフティバントはあるまい。もっとしつこく、また相手が目を剥くような攻撃はなかったのだろうか。

もちろん、敗北の最大の責任を負うべきは堂林だろう。ほんと、君はなんのためにラインアップにいるの?と問いたい。少なくとも君くらいの立場になったら、髙橋が良かったからだめだったという言い訳は許されないのだ。大反省しなければならないと思う。少なくとも自分のせいで負けたと思ってほしい。

しかし新井、これでもなおオフェンスの強化に尻込みするのだろうか。まだ正体不明の「守り勝つ野球」なるものに狂信的に邁進するのだろうか。そうだとしたら、やはりほんまもんの愚将凡将だというべきだ。やはり名将などというのは最大限優勝という結果を出してからにしないといけない。そのあたりはもの知らぬカープファンの猛省を求めたいところである。

とにかく、ここまでドラゴンズにやられるということは、いかにオフェンスが弱くて相手の思う壺にはめられているかという証左である。ここまで同じ轍を踏み続けているのならば、打撃コーチとスコアラーは打首獄門でいいと思う。だいたい、朝山や小窪なんぞになにができる。白濱?なにもできんくせに19年穀潰しのようにぶら下がってただけの無能選手だったくせに。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

投稿日

カテゴリー:

, , , ,

投稿者:

コメント

“それはないだろアライさん。” への2件のフィードバック

  1. もやんぼのアバター
    もやんぼ

    「守り勝つ野球」は無能な打撃コーチ、でくの坊スコアラーの隠れ蓑。

    臭いものには蓋をすると言うまさに松田元党のスローガン。
    それを公共の電波を使って流布し続ける無能な在広メディア

    それが如実に観客者数にあらわれている

    今の首位も蜃気楼の中に見える疑似宮殿に他ならない

    元の小飼者にはろくなやつがいない

  2. Иван Ивановичのアバター
    Иван Иванович

    村上頌樹と髙橋宏斗を一緒くたにしたら髙橋宏斗に失礼やん。髙橋宏斗はセントラル先発投手のスピード指数(平均球速153キロ最速158キロ)が2位で、村上頌樹は(平均球速147キロ最速153キロ)の10位。髙橋宏斗は弱冠20歳でWBCの決勝戦でトラウトから三振を奪っている優勝メンバー。髙橋宏斗はまだ未熟とはいえワールドクラス。片や村上頌樹はあくまでドメスティックな投手で、昨年とさほど変わらないが徐々に攻略されている。

    髙橋宏斗は、第一希望が慶應大進学でNPBが滑り止めだったと言う。たいしたタマだよ。慶應大の不合格通知書をメディアに晒し、今でも大切に保管している。そういう不貞不貞しさが、いかにもプロ向きで良い。「人柄」重視で入団したどこかの弱々しいお人好し投手陣とエライ違い。

    カープは今季梅津晃大を攻略しているが、さて今日はどうやろ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)