新井のダメなところ。

今日の試合をどうこう言う前に。さしもの「守り勝つ野球」教の総本山とも言うべき大本営発表下付機関も、現状の火力不足についてほっかむりできないようで、多少の言及があった。そのなかで、どうやらシーズン途中でのオフェンスの強化に尻込みしているのは新井らしいということがこっそり書かれていた。どこまで本当かは分からない。しかし、さもありなんというところを見せられたのが、今日の試合だったと言って良いだろう。

もしこのままカープがずるずると後退して結果優勝できなかったら、今シーズンのターニングポイントになった試合と評価されるだろう。確かに、試合を直接的にぶち壊したのは野間だ。でも、野間の野球頭の悪さと年に数回守備でやらかすのは織り込み済みだ。むしろ今年はここまでほとんどなかったのが不思議なくらいといってよい。むしろ今日の試合をぶち壊した原因は、新井の頑固さだ。自分が使うと決めた選手は梃子でも替えない、まさに無理心中の連続である。今日で言うなら、上本、矢野、島内、田中、松山。田中なんてもはや使えないと不肖この私が言って差し上げてるのにね。

いや、勝負師は少々頑固でないと務まらないのは分かる。そのくらい腹括って選手を使わないと育たないのかもしれない。だから、頑固さをどうこう言うつもりはない。彼の最大の欠陥は、引くことを知らないことである。今日など3番上本は箸にも棒にもかからなかったが、最終打席で代打を出すくらいなら、0-0の終盤勝負がかりで代打を送る手はなかっただろうか。あるいは矢野に代打を送る手はなかっただろうか。まさか球団当局に上本や矢野がヒーローになるように仕向けろと厳命されているわけではあるまい。

結局新井という人は、実は前任者以上の「守り勝つ野球」信者だったということだろう。極端なまでのディフェンス偏重、いやあくまで抽象的な「守り」への無意味な憧憬は、前任者以上だ。だから、新井の野球は実につまらない。さらにいえば、勝負付けのすんだヴェテラン偏重で、それなりの結果しか出してくれないというところをまた存分に見せつけてくれるのだ。

この敗戦で、またもゼロ敗を積み上げた。これを書いている時点で新井の談話は聞こえてこないし、聞きたくもないのだが、そろそろ何か手を打とうよねと思いたくなる。しつこいようだが、ここまで煮え切らない試合が続いている最大の要因はオフェンスの火力不足なのである。それでもなお補強しないのですか?しない理由はなんですか?といいたいところである。

それにしても、がっかりした。こんな試合ばかり見せられるほうも、いい面の皮である。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)