なんともわびしきかな。

昨日の今日だけに、もっとがつがつした当たり合いになると思っていた。それをカープが正面から腰高で受けて転がされるというシナリオも想定していた。しかし、終わってみたら、なんのことはなかった。ライオンズの低迷ぶりのみを感じさせられたといってよい。拍子抜けしたというか、なんというか。勝ったとはいえ、九里の熱投以外は見るべきものがなかった。

この3連戦、ライオンズのオフェンスに崩されたのは昨日の5回裏だけである。あれはいったい何だったんだと思うしかないのだが、まあ仕方がない、そんなこともある。やはりオフェンスの反撥力のなさがかなり気にかかる。昨日だって5点ひっくり返せとは言わないが、99球で完封されるのはちょっとね。それがあったから、今日の試合も無駄に心配してしまった。

いや、相手が今のライオンズでなかったら、十分心配するに足りた試合だったと思う。今日のボー・タカハシ、変化球の切れは良かったが、ストレートでストライクがまともに取れていなかった。カープが先制した4回表、矢野は確かにうまく打ったのだが、あそこでインコースにストレートを突っ込まれたらどうだったかと思う。

明日からはゴールデンイーグルス戦で、何といっても今一番勢いがあるチームだ。この3連戦のようなわけにはいかない。それを思うと、些か心配だ。確かに連敗がそうそう続かないように連勝もそうそう続くものではない。ただ、点が取れなければ勝てるものも勝てない。得点力の過剰が足を引っ張ることは絶対にないが、得点力不足は間違いなくチームの足を引っ張る。今のカープもその点は間違いないところで、今日だって攻撃がしゃんとしていたら、ボー・タカハシは5回持たなかっただろう。

その点で気になるのは、今のカープはオフェンスのヒーローを作りたくないのかとも思いたくなることだ。佐藤啓介の使い方なんか見たら、そう思ってしまう。その割りには矢野は何があっても使ううからなおのことだ。そんなに必死にディフェンシヴに戦ってどうするんだろう。白星には貢献しないし、エンターテインメントとしても面白くない。

確かに、今カープはセントラルで首位だ。そうなうると試合を見てもわくわくさせられる日が続くはずなのだが、今はそうでもない。結局やってる野球が面白くないからなのかなと思う。2016年の優勝の時はまさに交流戦からアクセルをふかしたわけだが、その時の野球は面白くてたまらなかった。今がそうならないのは、畢竟点が取れないからだろうと思わざるを得ないのだ。

ひょっとしたら、大方のファンは、1991年シーズンのような野球やって優勝してほしいのだろうか。あれはあれでストレスばかりたまってかなわなかったのだが。いや、ひょっとしたら優勝してほしくないのかもしれない。優勝するより「守り勝つ野球」なるものに殉ずる姿を見て楽しむのだろうか。それはそれで吐き気がする。というより、「守り勝つ野球」ってなんなんだろうと思う。

すでに交流戦の優勝はもうないから、明日からは結果はもちろん、エンターテインメントとしても面白い野球をやってほしいと思う。打力で圧倒するとまで行かなくても、交流戦優勝を狙うチームを向こうに回して真っ向から打ちまくる野球を見てみたいけど、それはヒロシマ球界においては邪道なのかな。点を取らせないけどそれ以上に取れずに負ける野球だけは御免蒙りたいのだが。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

投稿日

カテゴリー:

, , , ,

投稿者:

コメント

“なんともわびしきかな。” への4件のフィードバック

  1. Иван Ивановичのアバター
    Иван Иванович

    三連覇の残り滓・菊池に松山に田中。打撃力がFランの矢野と大盛。こんな低次元のメンバーに打たれ、負け越すパシフィックの4チームとセントラルの5チームに一言。「恥」

    前から何度も言ってるけど、打撃力がセミプロ以下の非力マン・矢野や大盛に、打点付きのヒットを打たれるようなピッチャーは廃業したほうがええで。矢野も大盛も(秋山も)、敗戦処理の中村祐太が全球ストレート勝負と分かっていながら3人とも凡退なんだから情けない。彼らの実力はそんなもんなんだよ。さすが元カープのピッチャーで、C打者の弱点をよく把握している。少し前にも述べたように、矢野や大盛(秋山含む)は、147キロ以上のストレートはほぼ打てないのだから、中村祐太のように全球ストレート勝負にすれば、まあ、矢野と大盛に打たれる確率は低い。それが分かっていながら、甘い変化球勝負をするライオンズのバッテリー(他チームも)は、頭の中空っぽなの???

    劣化著しい三連覇の残り滓や、打撃力がセミプロ以下のFラン非力打者が4~5名並ぶ幻滅メンバーで、リーグ優勝するようなことになれば、セントラルは解体したほうがええよ。B級野球の頂点に立って喜べるファンって、70%オフの偽物ブランド品で満足するようなもの。

    改めて、プロフェッショナルとは
    ・専門的、職業的であること
    ・一流で本格的な事をしている人
    ・技が優れていて、仕事に確かさがある人
    ・その分野での達人 
    上記の4点に当て嵌まるカープの1軍選手は、1割もおらんやろ。

    顧客のニーズに応えられるのがプロフェッショナル。相手を満足させる意識がなく、独りよがりではプロフェッショナルとは言い難い。
    (bouteXより抜粋)

  2. 山田太郎のアバター
    山田太郎

    まあしゃあないかなと。これが昨今のカープクオリティ。金ない?らしい?ですからね。 SBにボコられたのは相変わらずですが、何だか急に息を吹き返してきた楽天に、少しでも食らいつかんとですな。

    あとはせいぜいホームランテラスを作るか、、 せんでしょうが、、

    今オフは流石に整理者が結構出るでしょうから、、各補強がどの様になされるか?
    でしょうなあ、、

    しかし西武は99敗も見えてきましたな(汗)

  3. Seniorのアバター
    Senior

    あ〜ロシア語のコメント主さんや
    ライオンズの古賀は會澤翼とおんなじで
    頭カラッポでございます。

  4. アングリーレッドのアバター
    アングリーレッド

    「白星に貢献しない」

    管理人さんが仰られたことが全て。
    會澤翼、田中広輔、野間、大盛、矢野、羽月・・・
    =老化・才能無し・非力。
    まさにカープが優勝なぞして欲しくない松田ハジメにとって、好都合な選手達。
    カープに在籍する数少ない希望の星達をちゃんと試合に出せば、低レベルのセントラルを簡単に出し抜けるのにねえ(怒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)