小雨に降られた夜に。

今日は余裕で定時上がりと思っていたら、30分前になって詰まらぬものが持ち込まれて、結局1時間遅れとなってしまった。しかもそんな日に限って、当初の天気予報では降るはずがなかった雨に降られてしまう。まあたいした雨でなかったのと、そうそうに小やみになったのがせめてもの救いである。

なんとなく混んだ電車の中でJSPORTSオンデマンドの映像を見る気にならなかったので、結局帰宅してはじめて映像に接した。文字列だけ見ていた限りでも分かったことは、見なくて良かっただろうということくらいだろうか。下手をしたらまた森下が孤立して結果先に点を通られる展開になるのではないかと思っていた自分がいる。いや、その予感は決して間違っていないと思う。

今日に関していえば、あのあり得ない長岡の落球のおかげで勝てたようなものだから。もしあの落球なかりせば、これを書いている今もまだ試合は続いていたかもしれない。なんせ、序盤サクサク進んだ試合ほど、終盤はもたもた時間がかかるものであるから。少なくとも、森下のシャットアウト劇、いわゆるマダックスはなかっただろう。

しかし、あの4回裏の攻撃は意味が分からないし、万一のことがあったらあのせいで負けたといっていいくらいである。小園がディレイドスチール失敗。その時はまだ文字列しか見ていなかったのだが、意味不明だ。さらに菊池の右中間を割るあたりで一塁からホームに帰れなかった堂林。スワローズはバックホームをあきらめていたようだけどね。さらに結果アウトだったけど二俣のボテボテの当たりでホームインできなかった。これはいかんだろうと思う。

というわけで、勝った、良かったとはとても思えない。むしろ森下の投打にわたる活躍と長岡のエラーで、やっとこさ勝てたという方が正しい。それ以外は、まあクソみたいな内容だったと言っても過言じゃない。優勝します、日本一になりますというんだったら、むしろ反省材料たっぷりの試合であったことは確かだ。先週末のドラゴンズ戦と、内容は径庭ないのである。

当初の天気予報では明日は中止の公算が高かったのだが、現時点ではなんとかできそうである。明日は、個人的な思惑で恐縮だが、年に1回の意地でも勝ってほしい日である。その理由は、明日書く。ただ、今日の試合を見ていたら、あるいは前のドラゴンズ戦の内容を見る限りは、非常に心配だ。むしろ今日の試合を勝つことで、やっぱりこれが「守り勝つ野球」なんだよという詰まらぬ雑音が上がりそうなことが気になる。こんなピッチャーに一方的に負荷がかかる棚ぼた勝利が「守り勝つ野球」だったら、やめたほうがいい。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村


投稿日

カテゴリー:

, , , ,

投稿者:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)