The mid-summer nightmare

予告先発を見た時点で、負けるならこの形だろうと思っていた。で、終わったらまさにその形で、かつウノゼロである。こうなるとなんとも腹立たしい。床田がかわいそうだとしかいいようがない。

不詳この私、今日は仕事のせいで7回表からしか文字列を見られていない。それ以前の内容は終わってから見返したくらいなので、あまり見てきたようなことは言えない。しかし、7回表の野球を見るに、ちょっとがっかりした。というか、なんか野球が古くさい。ノーアウト1,2塁で末包に代打上本、送らせて坂倉に代打松山。もちろん結果論だが、むざむざ好機を自分の手で潰したような気がしてならない。

データによると髙橋宏斗対上本は8-3だったようなので、ここぞの場面で起用するのはありかもしれないが、末包に替えるかという気もする。しかも送りバント。なんだかなあという気しかしない。そして松山。どうせ使われるなら狙って外野フライ打ってほしかった気もする。それができないなら、ちょっと代打一番手というraison d’êtreはないかなとさえ思う。結果として、カープが局面を打開できたのはここだけだったのかもしれない。

しかし、ちょっと髙橋に対する対応のできなさ加減はどうにかならないものか。困ったらストレートをインサイドに放り込むか、落ちる球でストライクゾーンかすめさえすればオールオーケーというよな調子で遊ばれているようなものだ。打撃コーチとドラゴンズ担当スコアラーはなにやっているのか。特に担当スコアラーの顔が映るたびに殺意を覚える自分がいる。今日は映像見られなかったけど。

昨日の話とリンクするが、何らかの理由で飛ばなくなったボールを使っている今季は、ある程度投手力でゴリゴリ押せばなんとかなってしまうのは事実である。その意味ではカープとドラゴンズはまさにミラーゲームみたいなものだ。そんな試合が面白いかどうかは別として。

問題はその先で、今年のドラゴンズは投手力を盾にして、早いイニングで点を取りに行く野球を志向し始めた。筋の善し悪しとか成功したかどうかは別として。一方のカープは、なんか徹底的に守るんだということは分かる。しかし、ならどうやって点取りに行くんですかという問いにはさっぱり答えていない。守るんだよ。点だったらいつか入ってくるんじゃない?という運任せ野球というべきだ。だから山ほど完封負け積み上げて倦まないのかね。

これも昨日の続きだが、やはり野球というスポーツは点を一生懸命取りに行くからこそ面白いのだ。たいがいのスポーツは点を取るというのは非合理的な作業である。だからといって、守る方が合理的なんだといって点を取るという作業を放棄していたら、まったくつまらない、興行として成立しないつまらないスポーツとなってしまう。サッカーだって守りを固めていくアプロウチはもはや時代遅れなのだ。

やっぱり見ていない試合について書くと支離滅裂になってしまう。だからこのくらいにしておこう。明日も試合がある。でも楽観はできない。4月にホームでオール完封でスウィープされたが、今度はアウェイで同じ目に遭うんじゃないかという気がしてならない。まあ、なるようにしかならぬ。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

投稿日

カテゴリー:

, , , ,

投稿者:

コメント

“The mid-summer nightmare” への2件のフィードバック

  1. Иван Ивановичのアバター
    Иван Иванович

    21日の試合は投手戦というより貧打戦でしょ。髙橋宏斗の出来は悪くはないが、0点に抑えられるほどの凄みはなかった。スピードも好調時より3~4キロ遅かったのでは。21日の髙橋宏斗の出来で0点に抑えられるチームは、カープとタイガースだけなんじゃない?

    床田もイマイチで1失点で済むような投球のキレはなかった。相手がドラゴンズじゃなければ3~4失点くらいするような出来だった。床田はどうもハム戦で7回9安打4失点した試合から、直球も変化球もキレがない。前に触れたように、TJ手術で再建した左肘靱帯の寿命が近づいているか?疲れが溜まっているか?

    22日Dの先発H.メヒアは、4月7日のカープ戦は7回失点0だが、計9試合の防御率は4.5でスピード指数も平均的。交流戦は3登板中2試合滅多打ちに遭っている。明らかに二線級。最低4~5点は取らないと、シャレにならん。

  2. 山田太郎のアバター
    山田太郎

    12回目の完封負け。15回目の0点試合。こりゃキツいですなあ。中日も含め、両チームに、ホームランテラスが必要ですなあ、、 

    無駄な、余計な負けが多すぎますなあ、、、

    床田も、TJ2回目になると、ぐっと力も落ちるだろうから、こちらも気を付けんと。
    大谷くんも、今後投手としては厳しくなって来るでしょうなあ。

    殺意ねぇ。くわばらくわばら、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)