カテゴリー
スポーツ つれづれ よしなしごと 広島東洋カープ 野球

分かりやすすぎるよ、高津くん。

最後はもう、嗤うしかなかった。だって、昨日一昨日の神宮ではついぞ見せなかった「勝利に対する執念」をスワローズが存分に見せたのだから。よほどタイガースに勝たせたい理由があったんだね、あんな無気力野球をやってまで。こんな状況じゃ、totoやBIGのような「野球くじ」の導入なんて夢のまた夢だ。こんなに公然と八百長やられたんじゃね。

それはさておき、今日もまた一方で存分に発揮されたのは佐々岡の莫迦さ加減である。しつこいようだけれども、この非常時に、決戦態勢を引かなければいけないときに、使えないような選手を出したら勝てるものも勝てない。敢えて名指しすれば、松山、會澤。引退しろとは言わないが当分出てこないで欲しい。その献身性のかけらもないプレイはチームにとって害毒だし、ファンのフラストレイションを貯めるだけだ。

もうひとつ言えば、私は今日の公示を見て唖然とした。秋山はともかく三好を昇格させたことである。これは有り得ない。確かに小園にアクシデントがあり、羽月が故障、菊池もコンディションが万全でないとはいえ、正直言って守備固めを補充したって何の意味もないのだ。今一番必要なものは、とにかく火力である。打力の強い選手である。こういうところが佐々岡は人遣いのセンスがないのである。

これで、もはやカープは崖っぷちに立たされた。しかし、まだ首の皮半枚残っているのは事実だ。残っている以上は戦わねばならない。しかし、戦えという言葉を今の赤ヘル戦士にかけることも憚られる。だってね、どんなに頑張っても佐々岡がスポイルするという賽の河原状態なのだからね。こんなのを名称だと呼んで崇め奉ろうとした莫迦ども、死ねばいいのに。

赤ヘル戦士は、よく頑張った。それは間違いのないことだ。ただ、ごく少数高い給料だけもらって戦えない選手がいたことは事実である。そこは今年のオフに厳しく追及し、場合によっては年俸または進退で責任を取ってもらわなければいけないだろう。正直、今の選手は半分くらい入れ替わらないと勝てないとさえ思っている。残り2試合は、その見極めでいいと思う。

それよりなにより、佐々岡。当然今日辞表を出さないと嘘だろう。はっきり言って佐々岡のせいで負けたことを満座の前でさらしたのである。恥ずかしくて明日は人前に出られないんじゃないかね、「人柄の佐々岡」なら。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)