カテゴリー
スポーツ つれづれ よしなしごと 広島東洋カープ 野球

森下に白星がついてよかった。

今日の成果はそれだけだ。これで森下に勝ちがつかなかったら、本当に今年は彼にとってVerfluchte Jahreszeitになるところだった。そんなことになれば冗談抜きで数年後の流出に繋がりかねないだろう。ただでさえ、前任者に壊されかけてるのにね。

1回表こそどうなることかと思ったが、流石は森下暢仁である。何があっても崩れないのはエースの務めだ。しかも相手は大連敗中でへたっているのである。寝た子を起こしてはならないという勝負ごとの鉄則をしっかり守った。赤ヘルのエースの称号は、彼こそ相応しい。

しかしである。森下がマウンドにいる時点でのオフェンスの援護点は、2点1点0点1点。1試合平均1点。これはありえない。まさにオフェンスが森下を潰しているがごときである。まさか勝ちたければ完封しろと言うわけではあるまい。完封したって点取ってくれなきゃ勝てないのだが。

その意味では、今日のスターターを見た時点で、やりきれなさと絶望感に苛まれた。あのオーダーはあり得ない。せっかく進みかけた改革への針を思いっきり逆戻しするが如き所業である。確かに相手がサウスポーのピータースというのはあった。だからといって、あれはない。これでは昨年終盤の佐々岡と同じだ。

結局、新井って佐々岡よりは利口かもしれないが、結局その能力に径庭はないのだろう。いや、やってることは佐々岡と同じ匂いがする。もっとも、何かを変えるというのは指揮官にとって最も難しいことなのだろう。よほど腹を括らないとできないのかもしれない。その意味では、やはり古葉さんはすごい人だったのだろう。

しかし、それでも今のカープは変わらなければならない。そんなときにタクトを振って思いっ切り自分の自由にできるというのは指揮官冥利に尽きることのような気がするが、それができてないのは、やはり新井は気が小さいのか、それとも「天の声」の介入があるのか。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリー
スポーツ つれづれ よしなしごと 広島東洋カープ 野球

Dies irae

本当に、森下暢仁が不憫でならない。なんで今日の試合で一番誠実なプレイをした森下暢仁が敗戦の責任を負わねばならぬ。これも全て不誠実なプレイを繰り返した主力野手、いやこんなクソオーダーを組んだ新井の責任だとしか言えない。

昨日の試合で見えてきたことは、実は一昨日書いたことと見事に符合する。青柳晃洋ノックアウトの戦端を開いたのは中村貴浩であり、林晃汰であったはずだ。すなわち、君たちに何ができる、の裏返しであったのだ。しかるに今日、まさに一昨日の試合の通りの目が出てしまった。本当に、どうしようもない。

オフェンスで言うなら、今日は1回表に尽きる。せっかく大竹耕太郎をじっくり揺さぶるチャンスを得ながら、小技しか能のないはずの2番バッターが三振ゲッツーで潰してしまうのである。いくらサウスポー相手とはいえ、2番ショートは荷が重すぎるよ。

昨日の試合はいくら青柳晃洋相手とはいえ思い切った手を打ったものだと思ったけれども、だからといってサウスポーに右打者並べればいいというものではあるまい。事実、今日はその右打者がまったく効いていなかったのだ。これだったら、何か事を起こしそうなのを選んで使ったほうが結果が出たかもしれぬ。

結局、昨日はちょっと変わったことをやってうるさい向きの目先を変えようとしただけなんだろうな。今日のオーダーこそ本当に新井がやりたい野球なんだろう。実につまらない。小粒ちゃんが大好きな自称ファンたちは喜ぶだろうけどね。

まだまだ書きたいことはあるのだが、今日はなかなかうまく言葉にならない。ただ、思うところはまさに標題のとおりだ。明日?また今日と同じように負けるさ。だって、カープが負ければ負けるほど喜ぶ自称ファンたちのために、彼らの大好きな選手使わなきゃいけないしね。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村