カテゴリー
つれづれ よしなしごと

一九八八.一二.二五

12月の第4日曜日は、男子と女子の高校駅伝と競馬の有馬記念が重なることが多い。なので、これが終わるとああ新年が来るなと思う次第である。独身時代はこの日を大掃除と年賀状書きに当てていたりもしたので、なおのことそう思う。最近は家の行事が重なることが多く、なかなかゆっくり見られなかったりもしたのだが、今年は珍しくじっくりと見ることができた。

そういう師走の最終日曜日、世間的にはクリスマスでもあった今日、特に何があることもなく平穏無事に過ごしたのだが、同じ曜日の並びだった1988年は、まったくグレイクリスマスだった。そのときのことはもう過去何度も書いているのだが、媒体が変わったこともあるので、敢えてもう一度書いてみることとする。

1988年12月24日土曜日。クリスマスイヴなのだが、もちろん昼間は予備校の冬期講習に出ていて、もちろんクリスマスどころではなかった。予備校のある堀川丸太町と寮のあった上賀茂朝露ヶ原町との間は堀川通一本で、いわゆる街中ではないので世間の雑踏は目に入りにくいのだが、それでも世捨て人ではないから世間の情報は目や耳に入る。否が応でもクリスマスクリスマスというのは感じるのであって、それが非常に辛かった。

もちろん寮でもクリスマスを無視する訳ではなく、夕食にはデザートで小さなケーキが出た。しかし、それがかえって空しさに火を付けてしまったのかもしれない。夜には珍しくヴィデオの上映会(確か「ラストエンペラー」だったと思う)などもあったのだが、見なかった。映画にあまり興味がなかったのもあったのだが、要するに寂しかったのである。かといって勉強にも手がつかず悶々としていた記憶がある。

そして翌12月25日日曜日。来るべき共通一次試験への最終トレーニングである共通一次ファイナルの日だった。会場は阪急京都線沿線のある大学(伏せてるのではなくて思い出せない)。模試自体はもちろん全力投球したのだが、終わった後になんともいえない虚無感が去来した。もちろん世間的にはクリスマス。なんとなく、そのまま阪急の駅に戻りたくなくなったのである。そして、たまたま見つけたバス停の「大阪駅前方面」の文字を見て、そちらにふらふらと流れたのである。

で、大阪駅に着いて、したことは何もない。というより、本当に駅近くをうろついていただけだ。夕食は取ったはずだがどこで食べたのかも思い出せないくらいである。覚えているのは、いつも買っていた漫画雑誌を買って阪急京都線の特急に乗り込んでまっすぐ帰ったことだけ。しかしこの程度でも、私にとってはとんでもない破戒行為だったのだ。

それを思うと、その後のクリスマスには、特段いい思い出もないが苦い思い出もない。独身時代にホールケーキを買って食べきろうかと思ったが、やっぱり無理だと思って自制したくらいだろうか。あとは、東京居住時代に、仕事で帰宅が23時を回って悲しかったのが思い出されるが、それもあれに比べたらましだ。

明日からは、いよいよ歳末に向けてすべてが動き出す。我が娘は既に合格を決めているので来春の決戦には関係がないから、早くも来年四月以降へ向けての予備学習が始まるくらいである。あの不出来な共通テストですべてが決められるわけがないのが喜ばしい限りだ。だからこそ、よけいにあのときのことが思い出されてならない。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリー
つれづれ よしなしごと

一陽来復の日にものおもう。

過去二日、風呂に入った直後に眠気を催してしまいしかるべき時間に起きていなかったため、更新をサボった。どうも気が緩むと眠くてならない。今日は一日休暇を取ったのだが、起床が10時前。その上に昼食後と夕食前にうとうとしていた。これが時ならぬ大寒波のいたずらなのかどうかは、わからない。

さて、今日は二十四節気のひとつ、冬至である。冬はこれから本番だが、昼の長さは明日からだんだん長くなる。冬至といえば「冬至の七種」としゃれ込みたいところではあったが、南瓜にも蓮根にも人参にも銀杏にも金柑にも寒天にも饂飩にも縁がなく、柚子湯にも入らない無風流ぶりだった。もっとも一番ポピュラーな南瓜はそもそも中風除けのようだし、冬至に柚子湯というのも「冬至に湯治」「柚子は融通が利く」の語呂合わせのようなのだが。

しかし、冬至が来ると、いよいよ年の終わりだなという気がする。これで営業日ベースでは残り4日。そろそろ自分の仕事の手じまいもしなければならないが、まあそんなことは半分どうでもいいと思う。むしろ今は弊ブログの2022年の締めくくりをどうするかということばかり考えているところだ。まあ、書くことはほぼ決まっていて、後は何日にどう書くかという割り付け以上でも以下でもないのだが。

この土日はクリスマスイヴとクリスマスである。私もクリスマスに向けてマテウスロゼなど買い込んだのだが、同じ曜日の配置だった1988年のクリスマスほどわびしいものはなかった。イヴの日に寮の食堂で夕食に小さなケーキが出たのだが、これがかえってわびしさを増幅させたような気がする。それが過去何度も書いたが翌日の破戒行為の引き金となったのだろう。それに比べたら、クリスマスのために少し贅沢な夕食の準備をしておきながら仕事の関係でまともな時間に帰れなかったことなんて、まだましだ。二度と味わいたくもないが。

それにしても、寒い。既に当地は大雪警報が発令されたようで、明日朝どうやって出勤するかを真剣に考えなければならぬ。まったく最後の最後で困ったものだ。ただでさえ人が楽しみにしている時期を狙って増殖するコロナ禍のまっただ中で気が滅入るのに、それに輪をかける大寒波である。これは来るべき日本の大変動の序曲なのかもしれないと密かに思っている。その大変動が、いかなる方向に向かうのかは、わからない。

人気ブログランキング広島東洋カープランキングサンフレッチェ広島ランキングにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村